前へ
次へ

切手の買取は日頃の管理が大切です

買取では見た目の印象が大切であり、それは切手も同じです。そのため少しでも高い値段で切手を売りたい方は、日頃から管理をしっかりしておくことが大切です。それでは状態の悪い切手は買ってもらえないのでしょうか。切手の買取は、基本的に状態が悪いものであっても買取は可能です。もちろん、状態が良いものと比べて換金率は変わってきますが、通常の日本切手あればそこまで大きく変わることはないと言われています。ただ、使用済みの切手の場合、一部のプレミア品以外はほとんどが売れないので注意が必要です。使用済みの切手は切手としての価値を持っていませんので、希少価値のあるプレミア切手でないと難しいと見ておいたほうが容易でしょう。その一方で、希少価値の高い切手は高い換金率を期待でますが、その場合でも状態によって査定額が変わります。状態が良いものと悪い品では金額の差が大きいので、注意しておいてください。プレミア切手をお持ちの方は、管理をしっかりしておく必要があります。

Page Top